2009年6月17日 (水)

サッカー日本代表 豪州戦

 サッカーのW杯アジア最終予選A組の日本は17日、メルボルン・クリケット場で豪州との最終戦に臨み、1-2で敗れた。すでにそろって本大会出場を決めており、勝ち点15の日本は同組2位、同20の豪州が1位での予選通過となった。

 日本は前半40分、中村憲(川崎)の左CKに闘莉王(浦和)が頭で合わせて先制。ここまで予選無失点の豪州から初めてゴールを奪ったが、後半14分と31分にセットプレーから相手MFケーヒル(エバートン)に得点を許し、矢野(新潟)興梠(鹿島)らを投入した反撃も実らず、今予選初黒星を喫した。

6172125分配信 産経新聞から引用>

かずみは、久し振りに観ましたよ。サッカー日本代表の試合。ドイツワールドカップ以来、興味なくなってサッカーから遠ざかっていたのですが、ニュースでやたらとワールドカップについてやっているので、テレビをつけてしまいました。

何か、ドイツの頃とは選手が全然違っていて、かずみは浦島太郎状態でした。でもオーストラリアのケーヒルとかは覚えていて、またしてもお前という感じで楽しめました。悪役がいると、興奮しますね。

負けたのは残念だけど、今まで無失点のオーストラリアから得点も取ったし全体的に悪くない出来だと思いました。そう思ったのは私だけでしょうか? 中澤や中村俊輔も出ていなかったから、スタメンが怪我したときにどうするかは課題ですね。

個々に見ると、闘莉王が良かったですね。気迫溢れるプレーは健在です。松井も良かったです。阿部はもうちょっと頑張ってくれよと思いましたが、元々この人はMFですからね。求め過ぎるのもよくないかと思いました。

最後に、岡田監督。フランスワールドカップのリベンジを果たして欲しいですね。

頑張れ!ニッポン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

日本のワールドカップは終わった

今頃っていう話題ですが、ジーコジャパンはワールドカップの予選リーグで負けましたね。

中田が協調性がないから負けたとか、俊輔が調子悪かったから負けたとか、ジーコの采配がまずかったから負けたとか、高原や柳沢がシュートを打たなかったから負けたとか、色々なことが言われておりますが、もう済んだことです。

元々、ジーコはメンバーを固定して4年間戦ってきたわけですから、負けてから色々言うのは馬鹿な話です。ワールドカップの予選では、奇跡の連続で勝っていたのに、ワールドカップで惨敗するまで何の対策を打たなかったのは、日本サッカー協会やジーコの怠惰のですし、それを許してきた我々サポータの責任でもあるはずです。あいかわずの奇跡信仰もありましたしね。

でも、日本代表ってこんなにチームワーク悪かったですかね。少なくとも、ワールドカップ本大会の日本代表は、アジアカップで優勝したときの日本代表よりもチーム力は低かったと思います。やっぱ、サッカーって、チームスポーツですね。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

サッカー日本代表の人間関係

本日、いよいよクロアチア戦ですよね。今日負けたら、予選リーグ敗退が決定してしまいます。ワールドカップはお祭りですから、勝ち負け以上に選手たちには楽しんで欲しいです。

今の代表選手は、ほとんどがユースやオリンピックのときに一緒にプレーしていますし、ジーコが選手を固定するというスタンスを崩しませんでしたので、4年間、ほぼ同じメンバーです。

ですから、長所も短所もお互いに知りぬいているはずです。だから、もっとチームワークに期待したいですね。ジーコはシステムよりも個人を活かす哲学を貫いてきましたが、チームワークの必要性を無視してきたわけではありません。互いに個性を活かそうと思ったら、チームワークがなりよりも、必要だからです。

本日のクロアチア戦では、チーム日本を魅せて欲しいですね。和を大切にするのは、日本のお家芸です。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

コナミのウイニングイレブン10

今週、コナミからウイニングイレブン10が発売されますね。ご存知、サッカーゲームでは、ピカイチです。

楽しみにしている方も多いと思います。だって、このウイニングイレブンは、バージョンが上がるにつれ、どんどん進化しているからです。今回はどんな進化が見られるか、ワクワクしながら心待ちにされているはずです。

プロのサッカー選手も、実際に遊んでいるって噂も聞くくらいだから、かなり実際のサッカーに近いんでしょうね。かずみは親戚の子供とよくやりますが、負けたことがありません(笑)。だって、その子供は日本代表の大ファンだから、日本代表でプレーするんですよ。もちろんかずみは、大人なので(笑)。

ワールドカップも近いし、本番をシミュレーションしてみるっているのも面白いかも知れません。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

シャラポワが水着で登場?

これか? シャラポワのビキニ写真が載っている本は。。。

シャラポワは、テニスを観たこともない人でも知っているテニスプレーヤだ。モデルもやっていて、女優のようなフェイスと均整の取れた美しいスタイルを持っている。

もちろんテニスも魅力的である。長身から打ち下ろされる破壊的なサービス。軟式テニスみたいなウエスタングリップから放たれるスピンの効いたフォアハンドショット。何よりも、感情むき出しのプレースタイル。観ていて飽きさせないテニスプレーヤだ。ロシアの選手だが、プレースタイルにヨーロッパの匂いはしない。むしろ、アメリカ的なテニスをする。ヨーロッパでは土のコートが多く、土に適したプレースタイルを自然と取る選手が多いが、シャワポワはアメリカのハードコート(コンクリートのコート)に適したプレースタイルをする。もしかしたら、アメリカに長くいたのではないだろうか。←実は、シャラポワについては、あまり詳しくなかったりして。

そんなことはさておき、かずみは、シャラポワのスタンス(足の置き方)に注目する。プロのテニスプレーヤは普通、オープンスタンス(ネットに対して平行に足を置く。足を開く)を使うのだけれども、シャワポワはスクエアスタンス(ネットに対して垂直になるように足を置く)、またはクローズトスタンス(足を閉じる)を好む。オープンスタンスは、打つコースが敵に読まれにくい反面、体重移動が難しく、筋力が必要になる。逆にスクエアスタンスは、体重移動が簡単で、非力でもパワフルなショットが打てる。

もしかしたらシャワポワは美貌を保つために、このスタンスを採用しているのではないだろうか? あくまでも、かずみの想像だけども、そういった勘ぐりをしてしまうくらいシャラポワの美貌は優れている。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年12月11日 (日)

ドイツワールドカップ!(サッカー)

ドイツ・ワールドカップの組み合わせが決定しましたね。

日本は、ブラジル、クロアチア、オーストラリアのF組。楽な組ではないと思います。

まず、オーストラリア。全大会で韓国をベスト4に導いたヒディング監督の手腕は脅威です。イングランドのプレミアシップでプレイする選手も多いし、相当厳しいのではと思います。しかも、日本の得意な3-5-2システムに不利な3トップで攻めてきます。世界ランキングを見る限り、楽勝なんですけどね(苦笑)。

次に、クロアチア。98年のプランスのときに日本は、1-0で負けましたが、今回はスーケルもいなければボバンもいません。日本も成長しました?しね。セットプレイさえ気を付ければ勝てない相手ではないだと思います。でも、ラフプレイをする選手が多いみたいだから、怪我だけには気を付けて欲しいです。

最後に、ブラジル。確か日本は、ブラジルを手本にして、成長してきたんですよね。ブラジル人によって、日本が成長してきたと言っても、過言ではないですよね。ジーコ監督もその一人です。まあ、ここは胸を借りるつもりでやれば良いと思います。

とにかく、さすがはワールドカップ。楽ではないみたいですね。楽しみです。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

サッカーの好きな人はここをクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2005年11月16日 (水)

サッカー日本代表!

サッカー・キリンチャレンジカップ「日本×アンゴラ」を観ましたか? 見事、1対0で勝利しましたね。終了間際の松井の劇的なゴール。中村、中田の想像力あふれるプレー。スリルとサスペンスに満ちたゲームでした。

一方、FWの決定力不足は相変わらずでした(笑)。

FWの高原選手と柳沢選手。二人とも、決定的なチャンスを何度も逃がしました。柳沢選手については、決勝ゴールのアシストをするなど、持ち味は充分活かしていたと思います。元々ゴールを量産するタイプではないのでヨシとしましょう。

しかし、高原選手。調子はよかったはずです。身体は切れているように見えたし、惜しいシュートも3つありました。技術的には問題ないと思います。むしろ、メンタルな部分に原因があるのでないでしょうか(※素人ながら、偉そうに書いています<笑>)。

世の中の霊能者さんや占い師さまにお叱りを受けそうですが、運不運は精神的なものが影響します。たとえば強く勝利を信じれば、勝利することができます。監督のジーコは、難しいサッカー理論はあまり言わないけど、精神論は何度も口にしていますよね。何よりも精神論によって結果を出しています。

高原選手は、ワールドカップまでに化ける可能性があると思います。今から技術やフィジカルを大きく伸ばすのは難しいでしょうが、メンタル面の改善は簡単です。かずみのブログを読むなど、ちょっとしたきっかけが必要なだけです。

高原選手は、現実を真摯に受け止めて、ひたむきに努力する人ですので、楽しみにしています。

最後に今回、守備がすごくよかったと思います。身体能力の高いアフリカの選手が相手でしたが、安心して観れました。FWがコンスタントにきちっと得点できるようになれば、ドイツワールドカップは、かなり面白くなるのではないでしょうか? ぜひ、歴史を変えて欲しい~

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (8)