« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年6月17日 (水)

サッカー日本代表 豪州戦

 サッカーのW杯アジア最終予選A組の日本は17日、メルボルン・クリケット場で豪州との最終戦に臨み、1-2で敗れた。すでにそろって本大会出場を決めており、勝ち点15の日本は同組2位、同20の豪州が1位での予選通過となった。

 日本は前半40分、中村憲(川崎)の左CKに闘莉王(浦和)が頭で合わせて先制。ここまで予選無失点の豪州から初めてゴールを奪ったが、後半14分と31分にセットプレーから相手MFケーヒル(エバートン)に得点を許し、矢野(新潟)興梠(鹿島)らを投入した反撃も実らず、今予選初黒星を喫した。

6172125分配信 産経新聞から引用>

かずみは、久し振りに観ましたよ。サッカー日本代表の試合。ドイツワールドカップ以来、興味なくなってサッカーから遠ざかっていたのですが、ニュースでやたらとワールドカップについてやっているので、テレビをつけてしまいました。

何か、ドイツの頃とは選手が全然違っていて、かずみは浦島太郎状態でした。でもオーストラリアのケーヒルとかは覚えていて、またしてもお前という感じで楽しめました。悪役がいると、興奮しますね。

負けたのは残念だけど、今まで無失点のオーストラリアから得点も取ったし全体的に悪くない出来だと思いました。そう思ったのは私だけでしょうか? 中澤や中村俊輔も出ていなかったから、スタメンが怪我したときにどうするかは課題ですね。

個々に見ると、闘莉王が良かったですね。気迫溢れるプレーは健在です。松井も良かったです。阿部はもうちょっと頑張ってくれよと思いましたが、元々この人はMFですからね。求め過ぎるのもよくないかと思いました。

最後に、岡田監督。フランスワールドカップのリベンジを果たして欲しいですね。

頑張れ!ニッポン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

芸能人の離婚

『宮崎あおい(23)の周辺がまたぞろ騒がしくなってきた。夫・高岡蒼甫との離婚問題である。近々、何らかの“発表”があるといわれ、マスコミが準備を始めている。

「スポーツ紙はどのタイミングで記事にするか、カウントダウンに入った段階です。週刊誌は正式に離婚の発表があってから、宮崎の親戚関係者などへの取材をスタートさせる予定です」(マスコミ関係者)

 宮崎夫妻の離婚問題の引き金になったのは、高岡とグラビアアイドルの不倫疑惑。今年4月の映画の舞台挨拶で高岡の左手薬指から指輪が外されていたことで、いつ正式に離婚が成立、発表されるかに注目が集まっていたわけだが……。
<2009年6月7日(日)10時0分配信 日刊ゲンダイから引用>

宮崎あおい好きなんだけどな。子供がいなのならば、ぼくと再婚してほしい。ぼくもバツイチだし(笑) と、厚かましいことが考えてしまうかずみである。

昔から言われているけど、奥さんの方が活躍していると、結婚生活は上手くいかないみたいだね。たぶん旦那も寂しかったんだろう。もっとも輝いている女性を手に入れたつもりが実は手に入っていないことに気づいたとき、フラフラと浮気をしてしまう。

折角、法律的には近い距離にあっても、心理的に遠い距離にあったんだろうね。グラビアアイドルは、もしかしたら売名行為だったりして。そう考えると、女は怖いなァ。可能性はあると思う。芸能人って、そういうところ強かだもん。

男は馬鹿だから「俺はこんなにモテて魅力あるのに、どうしてあおいは仕事ばかりやっているんだ!」みたいなことを考えていたのかもしれない。

しかし、芸能人は離婚多いね。もしかしたら事務所が別れるように仕向けていたりして( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年6月 9日 (火)

うつ病になりやすい人

「うつ病になりやすい人は、どんな人?

現在は、誰もが複数のストレスを持っていますので、誰もがうつ病と無関係とはいえません。しかし、その中でも特に下記の素因をもつ人がストレスにさらされたうえ、傷心、転勤、出産などで違う環境に置かれるとうつ病になりやすいといわれています。 

・まじめで仕事熱心 

・完全主義で几帳面 

・仕事や家事を人任せにできない 

・融通がきかない(思考が柔軟性に乏しい) 

・人にどう見られているか非常に気になる 

http://www.e-chiken.com/shikkan/utsu.htmから引用

200969

最近、ぼくの周りでうつ病に悩まされている人が多いです。ぼくの部下や友人、ネットで知り合った人など当たり前のように存在しています。上の例でいくと、融通がきかない人が多いような気がします。

ちょっとした変化に対応できずにイライラしてしまったり、完全主義で他人に対して批判的になったり同じようなタイプが多いですね。あと、ぼくの想像ですが、セルフイメージとリアルイメージにズレがある人も多いような気がします。セルフイメージが優れ過ぎていると、ストレス溜まりますしね。自分のことを凡人だと思う方が楽だと思うのですが。

うつ病は、薬で治るというけれども、副作用があるらしく勤務中に居眠りをしたり、集中力を欠いたり大変そうです。ぼくは、うつ病になったら仕事とかは休んだ方が良いと思っているのですが、生活があるから本当にしてはそうは言っていられないようです。特に女性は、辛くても頑張って会社にやってきます。

また、周囲の人間も大変です。病人なので気を使わないといけないし、長時間一緒にいると、周囲の人間まで気持ちが沈んできます。これ、本当にそうなのです。もしかしたら風邪などと同じかもしれません。ぼくの場合は、スポーツをして発散したり、プラス思考の友人と付き合うようにしたりして平常心を保つようにしています。

とにかく逃げるわけにはいかないので、頑張ってうつ病の人たちとも付き合うようにしています。本当に頑張っています( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

無理な仕事

無理な仕事ってありますよね。

上司の命令で、どう考えても能力的にできない仕事を部下にやってもらっています。ぼくも最初から無理だと思っているから、仕事のやり方をちゃんと教えないのですが、部下はそれがむかつくらしく意地を張って何とかやろうとします。

でも、結果はぼくの予想通りです。気持ちだけではどうしても乗り越えられないことってあるんですよね。

そんな部下を見て可哀想になりました。

というのはウソ(笑)。こいつは生意気で反抗的な態度ばかり取るから、ざまあ見ろ!と思っています( ´艸`)プププ。上司には、仕事を教えている振りをしています。ぼくは最低ですね。

でも、たとえ教えても同じ結果になると思います。理想はあくまで理想です。こんな簡単なことをどうして気づかないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »