« 下北グローリーデイズの主人公は、健康な男の子 | トップページ | 日本のワールドカップは終わった »

2006年6月18日 (日)

サッカー日本代表の人間関係

本日、いよいよクロアチア戦ですよね。今日負けたら、予選リーグ敗退が決定してしまいます。ワールドカップはお祭りですから、勝ち負け以上に選手たちには楽しんで欲しいです。

今の代表選手は、ほとんどがユースやオリンピックのときに一緒にプレーしていますし、ジーコが選手を固定するというスタンスを崩しませんでしたので、4年間、ほぼ同じメンバーです。

ですから、長所も短所もお互いに知りぬいているはずです。だから、もっとチームワークに期待したいですね。ジーコはシステムよりも個人を活かす哲学を貫いてきましたが、チームワークの必要性を無視してきたわけではありません。互いに個性を活かそうと思ったら、チームワークがなりよりも、必要だからです。

本日のクロアチア戦では、チーム日本を魅せて欲しいですね。和を大切にするのは、日本のお家芸です。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

|

« 下北グローリーデイズの主人公は、健康な男の子 | トップページ | 日本のワールドカップは終わった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147699/10580139

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー日本代表の人間関係:

« 下北グローリーデイズの主人公は、健康な男の子 | トップページ | 日本のワールドカップは終わった »