« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

日本のワールドカップは終わった

今頃っていう話題ですが、ジーコジャパンはワールドカップの予選リーグで負けましたね。

中田が協調性がないから負けたとか、俊輔が調子悪かったから負けたとか、ジーコの采配がまずかったから負けたとか、高原や柳沢がシュートを打たなかったから負けたとか、色々なことが言われておりますが、もう済んだことです。

元々、ジーコはメンバーを固定して4年間戦ってきたわけですから、負けてから色々言うのは馬鹿な話です。ワールドカップの予選では、奇跡の連続で勝っていたのに、ワールドカップで惨敗するまで何の対策を打たなかったのは、日本サッカー協会やジーコの怠惰のですし、それを許してきた我々サポータの責任でもあるはずです。あいかわずの奇跡信仰もありましたしね。

でも、日本代表ってこんなにチームワーク悪かったですかね。少なくとも、ワールドカップ本大会の日本代表は、アジアカップで優勝したときの日本代表よりもチーム力は低かったと思います。やっぱ、サッカーって、チームスポーツですね。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

サッカー日本代表の人間関係

本日、いよいよクロアチア戦ですよね。今日負けたら、予選リーグ敗退が決定してしまいます。ワールドカップはお祭りですから、勝ち負け以上に選手たちには楽しんで欲しいです。

今の代表選手は、ほとんどがユースやオリンピックのときに一緒にプレーしていますし、ジーコが選手を固定するというスタンスを崩しませんでしたので、4年間、ほぼ同じメンバーです。

ですから、長所も短所もお互いに知りぬいているはずです。だから、もっとチームワークに期待したいですね。ジーコはシステムよりも個人を活かす哲学を貫いてきましたが、チームワークの必要性を無視してきたわけではありません。互いに個性を活かそうと思ったら、チームワークがなりよりも、必要だからです。

本日のクロアチア戦では、チーム日本を魅せて欲しいですね。和を大切にするのは、日本のお家芸です。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

下北グローリーデイズの主人公は、健康な男の子

「下北GRORY DAYS」下北グローリーデイズの2006年6月9日の放送を観ました。浪人生 ユウタの頼りなさぶりは相変わらずですね。ドラマではユウタは純粋無垢な青年という設定ですが、かずみにはそう見えません。健康的でスケベな男の子です。多くの女性に囲まれて生活すると、多くのスケベどもが夢に見るハーレム生活は送れないはずです。女性陣が固まって団結するため、ユウタのように頼りなくなるのが普通です。これはみなさんの周りをよ~く観察してみれば分かると思います。

でも、ユウタは立派です。頼りないくせにドラマで1回はシェアメイトのお姉さま方に説教します。説教というのは、最近のヒットドラマのキーワードみたいですね。

今後もユウタの説教を楽しみにしています。

※実際には、シェアメイトのお姉さま型のお色気が、どんどんエスカレートしていくのを期待しているんですが、かずみも健康だから仕方ないです。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

村上ファンドの村上さん

インサイダー取引の罪を認めちゃった村上さん。USENのギャオで記者会見を観たとき、代表を辞めて株の世界からも足を洗うと言っていたけど、何を考えているのだろう、このおっちゃん。

かずみは、村上さんのことをそんなに嫌いではなかった。かずみも彼の考えに共感することがたびたびあったからだ。それなのに、少しプライドが傷ついたからと去ろうとする(?)。アホか?と思った。本人はカッコ良いと思っているのか? 所詮は他人事だから勝手にすればいいけど、不毛だと思う。

本当に、カッコ良いと思っているのか? とにかく、頭を冷やしてからもう一度よく考えて欲しい。かずみは、意味のないことは嫌いである。ダークなイメージがあったんだから、今更、良い子ちゃんぶる必要はないはずだ。

このまま消えるには、あまりにも惜しい。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

人間関係は面白いね。

今日は、人間関係ネタ。このブログでも何回か登場している職場の派遣さん「芳美」さんのお話。

この人、付き合いがよくて、皆と仲良くできるんですが、仕事ができません。仕事ができない人の典型で、仕事量や仕事内容に自分を合わせようとするのではなく、仕事量や仕事内容を自分に合わせてもらおうとする人なんです。「私は、この程度なんで合わせてください」というスタンスですね。

だから、「仕事をお願いすると、今週は仕事がいっぱいなので無理です」と当たり前のように断ってきます。納期があるし、チーム全員がくたくたになるまで働いているので、一番余裕のありそうな芳美さんに依頼しているんだけど、できないと逆に迷惑だからと断るんです。また、しつこく仕事をお願いすると、「できないといっているんですが!」キレます。当然、そういう態度を取っていると、いくら性格が明るくてもみんなから嫌われます。

本人も、敏感に察しているらしく、「最近、みんな、私に話掛けてくれませんよね?」と色々な人に訊くぐらい不安になっているようです。以前にも書いたかも知れませんが、前職では人間関係で辞めている人なので、恐くなってきたのではないでしょうか。

しかし、職場の人間関係って、ほとんどの場合はその人の性格とかよりも、一緒に仕事がやり易いかによって良くもなれば悪くもなります。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »