« Googleのページランキング | トップページ | AB-水川あさみ写真集 »

2006年3月13日 (月)

ロンド 9話 チェ・ジウは、やっぱり美人

輪舞曲 ロンドの9話。面白くなってきましたね。

父・宋(橋爪 功)に命じられ、日本を崩壊させるサイバーテロを実行するプログラムを完成させるため韓国に戻っていたユナ(チェ・ジウ)。母国・韓国にある、子供の頃からの憧れの場所に向かったユナはショウ(竹野内 豊)と再会する。
驚くユナにショウは、「君は、佐倉愛(さくらあい)。警官の娘だ」と告げる。
混乱し、戸惑うユナに、「君を憎んだままの方が、ずっと楽だった」とショウはやり切れない表情を浮かべていた。
24年前、二人は出会っていた…。

(TBS 輪舞曲ホームページ、2006年3月12日 http://www.tbs.co.jp/rondo2006/story/

ドラマもそろそろクライマックスですね。二転三転していて面白いです。同時に、毎週観ていたわけじゃないから、展開が読めなくなってきています。ユナの両親とショウの父親は、警察の同僚? それとも。。。番組が始まる前に、今までのあらすじを説明して欲しいです。

折角だから、ちょこっと整理してみましょう。まずは、ユナとショウの関係。これは上手くいきそうですね。最終的には、力を合わせてシェンクー(神狗)を倒そうとする話に展開するはずです(あまりにも予想が外れるので、自信が全然ない)。次に、宋の野望。これは、凄い気になります。何を企んでいるか、非常に楽しみです。単純に考えれば、シェンクーの乗っ取りだと思います。でも、大ドンデン返しで実は良い奴だったというオチも面白そうです。例えば、実は警官でシェンクーを潰そうと思っていたとかです。

でも、これをやっちゃうと、ストーリが破綻してしまうから、やっぱりという陳腐な展開になるんでしょうね。それとも、破綻することを覚悟して、さらに二転、三転させますか? 脚本の先生さま。このドラマが最後にぴしっと気持ちよく物語として、纏まれば、かずみは大絶賛すると思います。

さ~次回はどうなるでしょう?

いつも投票ありがとうございます→banner_02

|

« Googleのページランキング | トップページ | AB-水川あさみ写真集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147699/9063635

この記事へのトラックバック一覧です: ロンド 9話 チェ・ジウは、やっぱり美人:

« Googleのページランキング | トップページ | AB-水川あさみ写真集 »