« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

日本の経済と政治について。

今回は、経済と政治の話をします。どちらかと言えば苦手な話題なんだけども、あまりにも政治家たちが何もしてくれないので、少し言いたくなりました。

消費税を上げようとしたり、保険料を上げようとしたり、おいおい大丈夫かと思います。そんなことをしたら、ますますおばちゃんらの財布の紐がかたくなって、景気が悪くなります。そうでなくとも、高齢化社会や年金問題の不安から、貯金に走っている人が多いのです。

借金大国への道を進む日本ですが、お金が必要だからと税金ばかり増やしたら、この国は終わっちゃいますよ。サラリーマンをはじめ、ほとんどの人は収入は増えていないはずなんです。サービス残業をやらされるだけで、お金を使う時間もないのに税金ばかり払わされるわけです。こんな状況下では景気がよくなるわけありません。政治家さんたちが考えることは、景気をよくして日本を金持ちにする政策を立案することです。ホリ●モンメールが本当か嘘かの議論よりも大事なことがいっぱいあります。

まず、銀行の不良債権問題。この問題が解決しない限り、銀行は企業にお金を貸し渋ります。ゼロ金利時代だから、お金を借りたい人はいっぱいいるはずなのに、銀行はお金を貸しません。商売は、投資しないと利益は生まれませんので、景気を回復させるためには、銀行がお金を流通させなければなりません。

でも、これからは銀行に頼ってはいけないと思っています。不良債権問題を解決する案なんて、簡単に見つかるはずがありません(笑)。もしあったら、日本の不況がこんなに続くわけがありません(アメリカのITバブル崩壊は別にして)。最近、個人株主の増加により、企業が銀行以外から資本を集めるケースが増えてきましたよね。これは景気にとってプラスです。銀行に預けても、貯金が増えないんだったら、株を買ったほうがいいやと思ったり、投資信託にチャレンジしてみるか、と考える人が増えているのは、日本によってすご~く良い流れです。

次に、高齢化問題。定年はほとんどの企業では60歳ですが、政府介入で65歳にすればどうでしょうか。65歳でもまだまだ働けますよ。今、日本人は80歳くらいまで生きるんでしょう? 年金という不労所得を20年間も若者が負担し続けたら、若者にやる気がなくなります。働き手がやる気をなくしたら、景気が悪くなり、日本にお金が集まらなくなり、社会福祉もできなくなります。それどころか、暗黒の時代に突入するかもしれません。だったら、70歳くらいまで働けるシステムを作るべきです。ITや医療の進歩により、昔に比べて色々なことが可能になっているはずなのに、ジジイやババアを年寄り扱いし過ぎています。また、大学に4年間も通うのは時間の無駄です。学力ある人間には、1年くらいで4年分の単位を取らせるべきです。そして早く働いてもらうべきです。

それから、少子化問題。これは、景気が回復すれば自然子供を作るようになりますよ。でも、恋愛もちゃんとできない人が増えてきていますよね。これが一番問題かも。

とにかく、色々書きましたが、みんなで考えないといけない問題だと思います。それから、とても恥ずかしいことなんですが、「郵政の民営化」がどういった効果があるのか、かずみには理解できません。政府が採算の取れない商売を民間に戻したとしか。。。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

スパムメール

本ブログなどで、自分のメールアドレスを公開していることもあって、すんごい量の広告メールが来るんだけど、どういう内容のメールが来るのかを整理してみるね。

  1. 出会い系メール
  2. サイドビジネス系メール
  3. 宗教系メール
  4. 私のサイトに来て系メール

まずは、出会い系のメール。これが一番多く迷惑だ。自動的に削除するようにメーラを設定しているんだけど、送信する方もバカではないから、フィルタにひっかからないように色々手口を考えてくる。でも、こっちもバカではないから、対策を立てる。まさにイタチごっこ。シツコイネ。俺もしつこいけどさ。

次にサイドビジネス系。う~ん、いきなりメールしてきた人を信じて、「はいっ。やりましょう」となるかね。どれくらいの反応があるのか、データをネットで公開して欲しいね。

そして、最近増えてきた宗教系メール。信者を増やしたいのは分かる。でも、人を巻き込まないで欲しい。「かずみは、自分を宗教やるほど、弱くない」と言うつもりも、「オメエらうざい」と言うつもりもないけれども、受け付けない体質だからさ。

最後に、私のサイトに来てメール。来てよ、と言われると、人は行かないもの(笑)。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

シャラポワが水着で登場?

これか? シャラポワのビキニ写真が載っている本は。。。

シャラポワは、テニスを観たこともない人でも知っているテニスプレーヤだ。モデルもやっていて、女優のようなフェイスと均整の取れた美しいスタイルを持っている。

もちろんテニスも魅力的である。長身から打ち下ろされる破壊的なサービス。軟式テニスみたいなウエスタングリップから放たれるスピンの効いたフォアハンドショット。何よりも、感情むき出しのプレースタイル。観ていて飽きさせないテニスプレーヤだ。ロシアの選手だが、プレースタイルにヨーロッパの匂いはしない。むしろ、アメリカ的なテニスをする。ヨーロッパでは土のコートが多く、土に適したプレースタイルを自然と取る選手が多いが、シャワポワはアメリカのハードコート(コンクリートのコート)に適したプレースタイルをする。もしかしたら、アメリカに長くいたのではないだろうか。←実は、シャラポワについては、あまり詳しくなかったりして。

そんなことはさておき、かずみは、シャラポワのスタンス(足の置き方)に注目する。プロのテニスプレーヤは普通、オープンスタンス(ネットに対して平行に足を置く。足を開く)を使うのだけれども、シャワポワはスクエアスタンス(ネットに対して垂直になるように足を置く)、またはクローズトスタンス(足を閉じる)を好む。オープンスタンスは、打つコースが敵に読まれにくい反面、体重移動が難しく、筋力が必要になる。逆にスクエアスタンスは、体重移動が簡単で、非力でもパワフルなショットが打てる。

もしかしたらシャワポワは美貌を保つために、このスタンスを採用しているのではないだろうか? あくまでも、かずみの想像だけども、そういった勘ぐりをしてしまうくらいシャラポワの美貌は優れている。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年2月22日 (水)

会社を辞める人間のマナー

今度、職場の人間が退職するんだけど、あまりマナーが良いとは言えない。

会社を辞めるときのマナーは、残された人間に迷惑を掛けないことだ。迷惑を掛けまいと思って気を使っても、迷惑を掛けてしまうもの。これが普通である。

だけど、自分のことしか考えない人がいる。極めて利己的な奴だ。

「私がやったことは一応、引継ぎ書に纏めたので、後任の人がきたら仕事を教えてやってください。忙しいと思いますが宜しくお願いします」

次の会社が決まっていて、すぐに会社を去るならば、こちらもムカつきもしないけれども、退社後、有給や代休が溜まっているので、消化するために1ヶ月は会社に在籍するんだというから、かずみじゃなくても頭に血がのぼる。また、次の会社をゆっくりと探すらしく、時間的な余裕もあるらしい。

こんな状況だから、辞める時期を考えて欲しかったし、後任の人もすぐに来るんだから引継ぎをきちっとしてから有給休暇を取ってほしい。

と、かずみは思うんだけど、「有給消化は、権利だ!」と主張するし、「私は、役に立っていなかったから、引き継ぐことがあまりない」とトンでもないことを口走る。少しは皆に迷惑を掛けて申し訳けないなァという気持ちは持って欲しいんだけど、無理なのかなァ。

送別会のときに「頑張れよ」と気持ちよく送り出せるか自信がない。でも、社会人のマナーとして、笑顔で送り出さないといけないんだろうね。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月20日 (月)

「西遊記」フジテレビと人間関係

ご存知「西遊記」ですが、今日も観てしまいました(笑)。詰まらないと思うんだけど、何故か観てしまう不思議なドラマです。

毎回、孫悟空のキメゼリフがありますが、これが好きなんでしょうね。かずみに限らず日本人は、何だかっていっても説教が好きなんです。叱られたい症候群みたいなものです。

我々の人間関係においても、説教というのは効果的だと思います。人徳の上司や人気のある同僚は、決まって説教が上手いです。

しかし、ほどほどだから良いんですよね。度が過ぎると、確実に嫌われます(笑)。西遊記の孫悟空だって、毎回1回のキメゼリフを言うから気持ちいいんであって、これがドラマの頭から終わりまで説教ばかりたれていたら、うざいドラマになると思いますし、今のように高視聴率にはなっていないはずです。

説教は、孫悟空のようにすぱっと1回でやりましょう!

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ロンド(TBS) 第6話

「輪舞曲 -ロンド-の結末予想」

http://kazumikun.cocolog-nifty.com/ningen/2006/02/post_42f9.htmlで予想していました輪舞曲 -ロンド-の結末ですが、大胆にも外れてしまいました。

ハッハッと、笑うしかありません。しかも、モグラであるはずの警視庁の伊崎吉彦(石橋凌)が殺されちゃいましたね。嫌~、予想とは難しいものです。

でも、ドラマは予想できちゃ詰まらないです。これで、面白くなってきました。

次週が楽しみです。←おいおい

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月18日 (土)

藤森由香 意外に美人だった。

藤森由香スノーボードクロス、ベスト8!

驚きだった。準々決勝で2,3位争いの選手が転倒したため、準決勝進出。運の強さにはびっくりした。

でも、驚きはこれだけではなかった。藤森由香さんの記事をネットで探していたら、本人の顔写真が。。。結構、好みだったりする。しかも19歳。

ヘルメットを被っているときは、もっとブサイクな顔を想像していた。

※不謹慎なネタで、すみません。でも、かずみは青年男子だから仕方ない!

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2006年2月14日 (火)

アクセスダウンのブログ

「人間関係」を楽しもう!の日記は、最近とてもとてもアクセスダウンしている。理由なんて分からない。

一時期に比べて、極端に減ってきているのは確かだ。一日、平均200~300PVくらいだったのが、今では60PV~70PVくらい。こんなことあるのか?という状態である。

アクセス解析などを利用すれば、原因がわかるかもしれないけれども、それでは詰まらない。何も対策しないで、しばらくこの状態にしておくつもり(笑)。

折角の機会だから、アクセス数は無視して自分が書きたいことを淡々と書いていこうと思っている。読みたい人は読めば良いし、読みたくない人は無視すればいい。

というわけで、これからもよろしく!

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月10日 (金)

バレンタイン

もうすぐバレンタイン・デーだね。今年も義理チョコだけだろうな。義理チョコなんて、やめて欲しい。

女の子は本命チョコのお返しは大して望んでいないみたいだけど、義理チョコのお返しは非常識なものを期待している。

去年、職場の女性社員一同から、駄菓子みたいな義理チョコ(おかしの寄せ集めだから、50円くらい?)を男性社員全員に配られたので、3月14日に、ちょっと高価なチョコを皆でお返ししたら、給湯室でケチくせえ!と女性人が悪口を言っていたらしい(笑)。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (4) | トラックバック (7)

隣りのあいつ 第4号

ミニマグhttp://mini.mag2.com/pc/から発行していました「人間ウオッチング-隣りのあいつ」が、廃刊になりましたので、過去に発行したものを少しずつアップしていきます。

※今日で最後です。笑い笑い笑い

久美(仮名)は、明るく誰とでも仲良くできる。他人と争ったときも、まず自分を責め、反省する。

しかし、久美にも悩みはある。自分に自信がないのだ。「みんなは、私よりも優れている。私は駄目な人間」。自分を卑下する言葉は、久美の中で何度も繰り返されて、その繰り返しが今の久美の性格をつくっている。みんなが久美の長所を知っているのに、久美は全く気づいていない。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

隣りのあいつ 第3号

ミニマグhttp://mini.mag2.com/pc/から発行していました「人間ウオッチング-隣りのあいつ」が、廃刊になりましたので、過去に発行したものを少しずつアップしていきます。

※ほとんど発行していませんが、ちゃんと作成しています(笑)。

直樹は、いつもおどおどしている。体は大きいが、心が小さいタイプだ。でも本人は、自信家で男らしい性格だ、と思っている。「心の中の自分」と「他人が思っている自分」の隔たりが、恐ろしいほどある。

「俺は将来、ビッグになってやる」が直樹の口癖だ。しかし、とてもじゃないが、そんな風には見えない。しかも、どこかで聞いたセリフ。面白い奴だ! 

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

隣りのあいつ 第2号

ミニマグhttp://mini.mag2.com/pc/から発行していました「人間ウオッチング-隣りのあいつ」が、昨日廃刊になりましたので、過去に発行したものを少しずつアップしていきます。

※ほとんど発行していませんが、ちゃんと作成しています(笑)。

美代子(仮名)は太っていて小柄だ。縫いぐるみみたいに愛嬌がある。人当たりも柔らかいので、男女問わず人気がある。

しかし美代子には、悪魔が宿っている。いつも自分が輪の中心にいないと気が済まないのだ。「恭子ちゃん、美人だよね」と友人が褒められていると、「整形したんじゃないの? 化粧濃いし」と落とす。ジェラシを恥ずかしいと思わないし、裏表もない。大胆である。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

隣りのあいつの第1号はこちら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

隣りのあいつ 第1号

ミニマグhttp://mini.mag2.com/pc/から発行していました「人間ウオッチング-隣りのあいつ」が、明日廃刊になりますので、過去に発行したものを少しずつアップしていきます。

※ほとんど発行していませんが、ちゃんと作成しています(笑)。

まさし君(仮名)は、他人とほとんどしゃべりません。だからといって、ムスっとしているわけではありません。いつもニコニコ微笑んでいます。私は、そんな彼が不思議でした。人を大好きになったり憎んだり、尊敬したり軽蔑したりしないのだろうかと。

でも彼も、普通の人でした。彼は、人と距離をおいて生きてきたので、表現の仕方を知らなかっただけでした。

これは、今度同僚をモデルにしました。まあ、すっごく大人しい人なんですよ。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

輪舞曲 -ロンド-の結末予想

TBSの輪舞曲 -ロンド-ですが、大胆にも結末を予想したいと思います(笑)。

ロンドは、大きく分けて以下の三つを軸にして物語が展開していきます。

  • 警視庁とアジアン・マフィア(神狗)との葛藤
  • 西嶋ショウ(竹野内豊)とチェ・ユナ(チェ・ジウ)の恋
  • チェ・ユナの父探し

まず、一つ目の軸の結末。西嶋ショウ(竹野内豊)の上司で警視庁の伊崎吉彦(石橋凌)が、実はアジアンマフィアである「神狗」のもぐら(スパイ)であった。そして、西嶋ショウ(竹野内豊)の父を殺した張本人。

二つ目の軸。西嶋ショウが父の仇を討った後、弟分に殺される。チェ・ユナは、ショウを失う。

三つ目の軸。チェ・ユナの父探しだが、これは???。現段階では、予想すらできない。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

とまあ、独断と偏見で予想してしまいました。予想が外れることを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006年2月 5日 (日)

「ミリオンダラー・ベイビー」を!

クリント・イーストウッドの「ミリオンダラー・ベイビー」をようやく観ました。辛口批評で有名なある映画監督が、某テレビ番組で絶賛していたので、以前から観たいと思っていた映画です。

この映画は、「尊厳死」をテーマにした映画です。ボクシングのマネージャーのフランキーと、女性ボクサーの人間関係を軸にして、ストーリが展開していきます。あまり書くと、ネタバレになるので、ストーリについてはこれ以上触れないことにします。

さて、この映画の魅力ですが、ずばり「考えされされる」ところです。

かずみは、しばらく小説や映画で泣いていなかったので、この映画は感動して泣けるかもしれないと期待していました。しかし映画を観終わった後、かずみは泣いていませんでした。この映画は、人を感動させる映画ではありません。映画関係者の人に怒られるかもしれませんが、正直な感想です。

ただ、何かしら「ずし~んとした重いもの」だけが、心に残りました。テーマが普段、我々が考えていない尊厳死だから、共感して感動することは難しいと思いますが、心に迫ってくるものはあります。

ちなみにこの映画は、エンターテイメント性も抜群です。健闘シーンは迫力あるし、マギーはチャーミングだと思いました。また、作品としての完成度も高く、至るところに巧妙な伏線が貼られています。この作品を完全に理解するには2~3回くらい観ないと難しいと思います。

でも、この映画では「尊厳死」について考えて欲しいと思います。エンターティメント性や芸術性は、どうだって良いです。それほど、重い映画です。

ぜび、人間はどうあるべきか? 考えてください。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年2月 2日 (木)

最近、東京留置所が。

最近、東京留置所が流行っている。

ホリエモン逮捕の影響だと思うが、かずみの職場でも東京留置所はポピュラーの話題の一つである。東京留置所に入所するとき、ケツの穴を見せなければいけないだとか、ポコチンを弄繰り回されるとか、下品な話にまで及んでいる。

普通に生活して真面目に働いていれば、東京留置所に入ることはないと思うから、知らなくても良いことだけれども、みんなは異常に知りたがっている。海外旅行が珍しくない時代だから、見知らぬ場所というのは異常に好奇心を駆られるのかもしれない。

とにかく普通の人間にとって、耐えられないところなのは確かだろう。だって、普通のサラリーマンだって毎日お酒を飲んで、愚痴をこぼさないと耐えられない人が多いのだ。東京留置所にそれ以上の苦痛がないと、みんな好んで罪を犯すようになるからだ。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 1日 (水)

プラス思考になりたい!

巷でよく言われるプラス思考。プラス思考になれば、人間関係がよくなるとか、仕事が上手くいくとか。プラス思考になれば悩みは解消されるとか。

色々な本を読むと、プラス思考の効用みたいなものが記載されているけれども、肝心のプラス思考になる方法については、触れられていない。

たとえ触れられていても、プラス思考の習慣を作るとか、口癖にするとか、その程度。どうするのさ、と言いたくなる。

では、どうすればプラス思考になれるか。簡単である。プラス思考の人間と付き合うことだ。内気な人間でもアメリカへいって戻ってくると、大胆な人間に化けるように、マイナス思考の人間でも前向きな環境にいると、自然とプラス思考になるものだ。

ただ、マイナス思考の人間は、プラス思考の人間を仲間に引きずりこまないように注意しないといけない。マイナス人間のエネルギーって、強烈だから。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »