« ホリエモン・ショック!と株式 | トップページ | 英検定(英語検定)、TOEICへの道? »

2006年1月29日 (日)

ギャンブルを始める人間関係

かずみが初めてギャンブルをやったのは、大学三年の頃です。当時、もっとも人気のあったパチンコ。遅いと思います。

きっかけは、簡単です。男妾とパチンコで生計を立てていたかずみの友人が、「パチンコは儲かるからやりなよ」と勧めたからです。事実、彼は儲けていました。いや、負けているのを見たことがありません。

それまでは、ギャンブルする人間は、必ずといっていいくらい損をしていたので、やる奴は馬鹿だと思っていました。

しかし、毎日毎日彼は勝ってるのです。

「パチンコは、勝とうと思っている人間は勝つ!」と

かずみは、友人の言葉にノックアウトされました。抵抗する理由はありません。

それで、彼にノウハウを伝授してもらい、初めてパチンコをやりました。初めて勝ちました。ビギナーズラックかも知れないと思い、翌日もパチンコをやりました。また、勝ちました。その後は、もちろん負けることもありましたが、トータルでは勝っています。

人間、ギャンブルで勝ち続けると、恐くなります。法律に触れていないのに「悪いことをしているのでは? 」と思うようになります。店員さんに悪いことをしているのではないか、疑われることにビクビクしていました。また、楽にお金を稼げるからと、バイトも辞めてしまいました。

しかし、不安が心を支配すると、運気が変わるもんなんですよね。その後、急に勝てなくなりました。負け続けるのです。友人に教わったノウハウ通りに打っているのに、勝てませんでした。

もちろん友人に質問しました。

「ノウハウ通りに打っているのにどうして出ないの? 」

「だってノウハウじゃないから」と友人

「どういうこと? 」

「パチンコは、所詮は波だからさ。波が良いときはどんどん出るけれども、悪いときはまったく出ない」

「嘘を教えたの? 」

「ギャンブルの基本を教えただけだよ。でも、そろそろやめた方が良いと思う。俺は、一度パチンコでホームレスやったことがある」

「勧めたの、お前じゃん! それにホームレスをやっていたなんて聞いていない。好い加減にしてよ」

その後、友人の言葉を無視したかずみは、大損をすることになりました。別の友人がかずみのギャンブル地獄を救うまで、負け続けたのは言うまではありません。

友人って大事だと思います。少なからず影響を受けます。かずみの場合は、悪い方にも良い方にも影響を受けました。でも、良い勉強にはなります(笑)。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

|

« ホリエモン・ショック!と株式 | トップページ | 英検定(英語検定)、TOEICへの道? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147699/8390441

この記事へのトラックバック一覧です: ギャンブルを始める人間関係:

« ホリエモン・ショック!と株式 | トップページ | 英検定(英語検定)、TOEICへの道? »