« 粉飾決算? まず、会計を勉強しよう! | トップページ | 堀江社長。お~い。 »

2006年1月23日 (月)

「巧名が辻」の魅力

NHKのドラマ「巧名が辻」を本日、観ました。司馬遼太郎氏の小説とは、若干ストーリが異なりますが気になりません。

それよりも、仲間由紀恵さんが演じる主人公の千代が魅力的です。美人はドラマに色を付けます。この先、夫である山内一豊(上川達也)を、この千代がうまく操縦して土佐一国の大名するわけですが、早く展開して欲しくて今からハラハラしています。

豊臣秀吉(柄本明)の与力に一豊がなったことも、後に成功する大きな要因だと思います。一豊の真面目な性格が、秀吉によっぽど気に入られていたのだろうと思います。

こうしてみると、人間の一生というのは、誰に出会うかによって大きく変わりますね。山内一豊は、もし千代や秀吉に会っていなければ、歴史に名を残すことはなかったのではないでしょうか?

と、ここまで書いていながら、ふと不遜な考えが浮かびました(笑)。もしかしたら、一豊がすごい狡賢くて、秀吉や千代をコントロールをしていたといたら。。。どちらかといえば、女性というと、当時、日陰の存在。千代の名前がここまで有名なのは、山内一豊がかなり宣伝したからではないだろうか? 妻を喜ばすために。秀吉政権の最大の功労者で軍師であった黒田官べえよりも山内一豊が優遇されたのは、真面目な性格だからではなく、凄く人間の機微が分かる賢い人物だったからではないだろうか、と思いました。

かずみらは、真実なんて分かるわけがないですからね。結果から想像するしかないです(笑)。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

|

« 粉飾決算? まず、会計を勉強しよう! | トップページ | 堀江社長。お~い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147699/8290030

この記事へのトラックバック一覧です: 「巧名が辻」の魅力:

« 粉飾決算? まず、会計を勉強しよう! | トップページ | 堀江社長。お~い。 »