« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月27日 (日)

流行語を取り入れて!

今日、居酒屋の前を通ったら、学生風(プータロウかも?)のにいちゃんがとんでもないことを言っていた。ちょっとケバイ姉ちゃんに向かって、

「バイバイキン」

と叫んでいたのよ(笑)。

「え?」とかずみ。さよならの意味だと思うけども、女性に向かって「バイキン」はちょっとね。女の子は、どんなにブサイクな娘でもプライドがあるのよ。美人、ブス関係な~し! 

昔、ある年上の女性に冗談で「君、マカベに似ているね」と持ち上げた後、「マイクタイソンが5~6発殴った状態だけど」と落としたのよ。その場では、盛り上がったさ。みんな、ゲラゲラ笑っていたし、彼女も笑っていたよ。

でも、冗談なんて通用しないのさ。世間知らずのかずみは、このとき女の恐さを思い知らされた(これ以上は思い出したくないので、想像にお任せします)。

「バイキン」なんて言ったら、一生口を聞いてもらえないはず。

でも、かずみは小さな声でつぶやいた。やっぱ、流行に取り残されちゃいかんからさ。

ケバイ姉ちゃんに向かって

「バイバイキン」。。。

もう二度と口を聞いてもうらえないだろう。その前に会うこともないだろうけどね。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

人生色んなことがあるよね。

最近、人生について語ることがなくなったと思う。

学生の頃なんかは、将来の夢とか仲間で語りあった。実際には、現実的な性格をしていたかずみだけが醒めていた(笑)。

夢を実現したい人へ

今から考えてると、その頃はとてもダサイね。だってさ、当時、夢とか語っていた奴が、今では模範的な日本人をやっているんだから。サラリーマンになって結婚して、その辺に転がっている生き方を手本にして生きている。ちょっとした出世に執着したり、マイホームを持つためにあくせく働いたりね。

面白いんだけどさ、学生の頃に一番現実的だったかずみが、今でも夢を追いかけていて、毎日ワクワクしながら生きている。

だから当時の友人は、かずみと距離を置いている。もちろん、かずみも敢えて近づかないようにしているよ。かずみが近づくと、彼らの人生を否定することになるからね。

でも、どうしてみんな同じ生き方をしているんだろうか? かずみは、色んな失敗もしてきたけど、その代わりに「現実」というものを学んできたと思う。昔の仲間が思っている「げんじつ」とは、違う本当の「現実」を。。。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

お酒と素朴な疑問

かずみは、お酒が飲めません。まったく飲めないわけではなく、付き合い程度には飲めるんです。でも、根本的に好きじゃないんですね。特に、ビールが大嫌いです。あんな苦いものをガブガブ飲む人の気持ちが分かりません。

水1リットルをイッキ飲みする人は健康オタク以外にいないと思うけれども、ビール3リットルを飲む人は腐るほどいます。どうしてビールだったらあんなに飲めるんでしょうか。不思議でなりません。昔、コーラの早飲み競争なんて、馬鹿げた遊びが流行っていましたが、ビールもそれと同じで、「オラ、みんなより早く飲めるんだい!」といった虚栄心を満たすためなんでしょうか。

「そんなにうまいんかい???」

また酒好きの人は、どうしてかずみを自分の「イキツケ」のお店に連れていきたがるんでしょうか。飲めないかずみにとっては、安い居酒屋で十分なんです。高いお金を出してまで、嫌いなお酒を飲みたくありません。おしゃれなバーとかだったら許すけど、おばちゃんばかりいるスナックは勘弁して欲しいです。ここだけの話、スナック恐怖症なんですよ。昔の上司が好きで好きで毎日連れていかれました。そして決まって「若いんだから、野菜を食べなさい」と言います。スナックに新鮮な野菜は置いているのでしょうか?

それからそれから、どうして飲みに行くと、ほとんどワリカンなのでしょうか? 場所代だとか屁理屈コネコネする人がいますが、分け分かりません。

とまあ、お酒については、分からないことだらけでございます。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

仕事が忙しい~けど

最近、仕事が超忙しい。どれくらい忙しいかというと、仕事の早いかずみが土日出勤をしないとこなせないくらい忙しい(笑)。

かずみは、世にいうクリエイティブ(笑)な仕事をしているんだけど、実際には世間の人が羨むような仕事ではない(きっぱり)。想像力を使うよりも、舌を利用することが多い。どちらかと言えば折衝能力や交渉能力を必要とする仕事なのよ。「ハッタリ」と「嘘」、そして真面目さが必要な仕事。雑用も多く、すんごくドロくらい。離職率もすこぶる高いしね。

今回のように、1年に1回くらい超多忙なときがあるんだけど、この忙しい時間があるからこの仕事を続けているんだと思う。「やっぱ、俺、この仕事が好きなんだよな」と再認識できる時期なのよ。だから、今はとても楽しい。金も払わないのに偉そうなクライアントもいっぱいいるんだけど、そんなのは「うんこ」と一緒。「ハッタリ」と「嘘」で煙に巻いて、トイレットペーパーと一緒に流すだけ。ジョ~(注!ちゃんとお金を払ってくれるクライアントさんは、神様です←弱腰)。

「大好き~!」と叫びたくなる。実際には、恥ずかしいから叫ばないけどさ(苦笑)。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年11月18日 (金)

ビタミンC

かずみは最近、みかんやりんごなど果物を食べていません。

100%のオレンジジュースやリンゴジュースを飲むことで、ガブッと食べた気になっています。これでも成長したんですよ。以前は、ビタミン剤をガリガリ齧ることで、みかんやりんごをガブガブっと食べた気になっていました。

でも、やっぱ本物と贋物は違います。先日、会社で行われた恒例の「健康診断」で見事引っ掛かったからです(泣)。

「時計じかけのオレンジ」って知っている(映画&小説)? かずみは、小説は読まなかったけど、映画は観た。よく分からんが正直な感想(笑)。友達は絶賛していた。

とにかく変わった話。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年11月16日 (水)

サッカー日本代表!

サッカー・キリンチャレンジカップ「日本×アンゴラ」を観ましたか? 見事、1対0で勝利しましたね。終了間際の松井の劇的なゴール。中村、中田の想像力あふれるプレー。スリルとサスペンスに満ちたゲームでした。

一方、FWの決定力不足は相変わらずでした(笑)。

FWの高原選手と柳沢選手。二人とも、決定的なチャンスを何度も逃がしました。柳沢選手については、決勝ゴールのアシストをするなど、持ち味は充分活かしていたと思います。元々ゴールを量産するタイプではないのでヨシとしましょう。

しかし、高原選手。調子はよかったはずです。身体は切れているように見えたし、惜しいシュートも3つありました。技術的には問題ないと思います。むしろ、メンタルな部分に原因があるのでないでしょうか(※素人ながら、偉そうに書いています<笑>)。

世の中の霊能者さんや占い師さまにお叱りを受けそうですが、運不運は精神的なものが影響します。たとえば強く勝利を信じれば、勝利することができます。監督のジーコは、難しいサッカー理論はあまり言わないけど、精神論は何度も口にしていますよね。何よりも精神論によって結果を出しています。

高原選手は、ワールドカップまでに化ける可能性があると思います。今から技術やフィジカルを大きく伸ばすのは難しいでしょうが、メンタル面の改善は簡単です。かずみのブログを読むなど、ちょっとしたきっかけが必要なだけです。

高原選手は、現実を真摯に受け止めて、ひたむきに努力する人ですので、楽しみにしています。

最後に今回、守備がすごくよかったと思います。身体能力の高いアフリカの選手が相手でしたが、安心して観れました。FWがコンスタントにきちっと得点できるようになれば、ドイツワールドカップは、かなり面白くなるのではないでしょうか? ぜひ、歴史を変えて欲しい~

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2005年11月14日 (月)

プラス思考とマイナス思考

かずみが、人間関係で特に注意していることは、周りの人間のマイナス思考です。マイナス思考は、風邪と同じで簡単に他人にうつります。

かずみは、みんなにプラス思考だねとか、楽天的だねとか言われることが多いですが、実際には他の人と変わりません。いやいや、自己暗示で強制的にプラス思考にしているもんだから、ちょっとした刺激でマイナス思考になります。そして一旦、マイナス思考になると、そこから抜け出すのに時間が掛かります。だから、周囲にマイナス思考の人間や、暗い人間がいると、意識して離れるようにしています。本当、咳をゴホゴホしている風邪の人を避けるのと同じですね。

マイナス思考の人間は、グチをこぼしたりすることでストレスを解消しているもんだから、逃げても逃げても追いかけてきます(笑)。ストーカーみたいにです。

性格の良いかずみは結局、マイナス思考の人間に暗い話を聞かされ、マイナス思考になります(爆)。

でも、どうしてマイナス思考の人は、かずみにグチをこぼすと、すっきりした顔になるんだろうか? もしかしたら、プラス思考もマイナス思考も、一緒の感情なのかも知れませんね。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | トラックバック (3)

2005年11月12日 (土)

変わり者(奇人変人含む)

皆さん、変わり者って知っています?

そう、普通じゃない人のことです。かずみの知り合いで、宇宙人がいます。出身地が、火星とか冥王星など、どっかの惑星だという人ではありませんよ。常識がぶっとんでいて、宇宙レベルでないと理解できない人のことです。

例えば、怒りや笑いのツボが違います。

「宇宙人さん、こんな仕事もできないなんて、あんたは無能だね」と皮肉をいうと、「そうなんですよ、僕は無能なんです」と、宇宙人は、あっさり認めるんです。別に怒っている様子もありません。

ところが、「昨日、何食べたの?」というと、「かずみさんには、関係ないだろう」と歩み寄って、不細工な顔をかずみに近づけてきます。しかも、怒りを孕んだ声でです。

こんなやり取りが何度かあったある日、思い切って、

「宇宙人さん、あんたは、変わりものだね」と訊きました。

「(大笑いと高笑いの後)面白いことを言いますね。僕は、かずみさんのことを奇人変人だと思っていましたよ」と宇宙人が笑っています。さらに、

「かずみさん、常識ないですよね」

かみずは、もちろん同意しませんでしたよ。宇宙人とは違うからです!

相手の性格を判断するとき、自分の狭い人格の中から相手を探していただけなのかも、知れませんね。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

厚かましい人

厚かましい人って意外に多いです。かずみは、何人も知っています(笑)

職場にいる派遣のおばさまが鬼のように厚かましい人なんです。「この仕事、やったことないのよね。潰しもきかなさそうなので、やらなくてもいいわよね」 「でも、あの仕事だったら、就職活動の採用試験に有利そうだし、やり方を教えて貰えるんだったら、やってもいいわ」。

こっちとしては、「はい???」という状態だったり、「おいおい!!!」という状態だったりします。あの仕事だろうが、この仕事だろうが必要あればやらないといけないのです。「やってあげる」というスタンスは、勘弁して欲しいです。

職場は、職業訓練校じゃありません。お金もらって、スキルアップをさせてもらおうなんて、そんなうまい話ないでしょう。でも、うまい話があると信じている人が多いのも事実です。本当にウジャウジャいます。

景気がよくなったとはいえ、まだまだ就職難ですし、派遣さんはスキルが有るか無いかで収入が決まるので、スキルアップしたいという気持ちは分かりますよ。

でもですね、あんたはお金をもらっているのです。ここが一番大事! 

どうしても好きな仕事がやりたいんだったら、別のところに行くしかないのです。職業選択の自由はありますが、「仕事選択の自由」はありません。

※このおばさんのように強かでないと、今の世の中、生きていけないのですかね。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

ブログ

かずみは、ブログを始めて日が浅いんだけど、昔やっていたニフティのパソコン通信と似ているね(今でもたまに参加しているけど。ROMで)。日常生活では、味わえない人間関係が経験できる。本当、独特の世界だ。同じ人間と人間のコミュニケーションなのに、環境が変わるだけで信じられないくらい世界が変わる。

「ネット生活と日常生活は同じだ」と、いう人もいると思うが、やっぱ違うもん。少なくとも、かずみはそう思う。例えば普段の生活では、影口として扱われることがネットでは直截的な表現で相手に伝わる(あっ、実際には伝わっていないんだけどね、感情的になっているだけでさ)。これは8年前にパソ通をやっていた頃と、変わっていないと思う(笑)。

どっちがあるべき姿なのだろうか。本音と建前が前提の日常生活、と。

でも、ブログには、パソ通にはなかったトラックバックという機能があるから、別の体験ができるかもね。楽しみではある。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

下北沢の思い出

今日は、下北沢について書きます。

下北沢というと、ライブハウスを連想します。

かずみは、昔、下北沢の某ライブハウスでバイトしたことがあるからなんです。そこで歌っていたアーティストの中には、今売れているバンドなんかもいたはずです(当時でも、ある程度売れていたと思う)。いたはず?と書いたのは、かずみは音楽に興味がないし、ほとんど知らないからです。

女の子がキャーキャー騒いでいたし、熱気がライブハウス全体を覆っていました。みんな、狂ったように熱くなり、色々な感情を音楽にぶつけていたことを今でも覚えています。

情熱って、伝染病みたいに他人に移るんですよね。かずみも、当時は正体不明の感情を放出していました(笑)。

あと、アーティストたちが皆、礼儀正しいんですよね。楽屋にお茶をもっていったり、機材運ぶのを手伝ったりすると、すごい感謝されました。ストレートにお礼を言われるのは、気持ちよいから今でも彼らのことが大好きです。

名前は覚えていませんし(友人が有名だと言っていた)、音楽も覚えていません←説得力に欠けるなァ~

でも当時の熱気だけは、今でも忘れていません。←かっこよく纏めたいけど、説得力が。。。音楽ぐらいは、教養だと思って身につけねば~。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年11月 4日 (金)

髪型

かずみの髪型は、ここ3年くらいずっとスポーツ刈りか、スキンヘッドです(笑)。

「サッカーのベッカムのスキンヘッドを見て、カッコいいと思ったんです」と書きたいのですが、現実は違います。髪の毛を気にする自分がかっこ悪いと思ったから、ばっさりしただけです。

歳とともに、髪の毛が少しずつだけど、確実に薄くなっていることに、気づいていましたし、悩んでもいました。かずみのように生まれつき美男子に生まれてきた人は皆、同じ悩みを抱えていると思います。「最近、やばくなってきたんじゃない? 」と周りから心ない言葉も貰っていましたしね。

でも、こんなことに悩むのって、カッコ悪い。だっだら、ジョリジョリしちゃえと思ったわけです。そうすると、気にしなくなります。頭を洗うのは楽だし、清潔っぽいし、良いことだらけです。意外に似合ったりもしますしね。

もっと良かったのは~。。。。。。

髪の毛の老化が止まったことです。本当ですよ。信じてください! 学生時代からかずみをバカにしていた連中は、皆、かずみを追い抜いていきました。ざま~見ろ!

やっぱり髪の毛の進行を気にしているみたいです(笑)。カッコ良く生きたいぜ!

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

ウサギ論

かずみは、ウサギを飼ったことがありません。かずみにとっては、飼うべき対象じゃないからです。

「ウサギ」って、みんな良いイメージを持っていますよね。愛すべきペットみたいにさ。でも、ウサギとカメの「ウサギ」のように、悪役の「ウサギ」も稀に存在します。

かずみが好きなのは、悪役「ウサギ」の方です。人間みたいだから、親しみが持てます。だから、ペットにするなんて、恐れ多くて考えたこともありません。

こうして見ると、

善=ペット

悪=人間

という結論になりますね(ちょっと飛躍し過ぎか~)。

善はかわいがる存在で、悪は愛すべき存在。あんまり考えると、哲学者になってしまうから、今日はこの辺で! 

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

歯医者通い

かずみは、いつも同じ歯科医院に通っています。

男のくせにチョコが好きなので、半年に1回はお世話になっています。歯の治療は痛いし、面倒だから嫌なんですが、一つだけ楽しみがあります。

ここだけの話ですよ。

歯科助手さんが美人なんです(笑)。しかも、離職率が高いらしく、しばらく顔を出さないと、新しい「美人」に変わっています。そこの先生は、絶対に顔で採用していると思います。それとも秋田県に秋田美人がいるように、歯科助手には美人が多いんですかね?!

どなたかに調べて欲しいです。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月 1日 (火)

「バックオーライ!」

リンク: ブログ:ココログ:トラックバック野郎:@nifty.

トラックバックの練習をしています。

とにかくブログ初心者なので、一つ一つ機能を覚えていきます。

頑張ろう!

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然、同僚が会社を辞めるとき

「夏山さん、僕は今月で退社するんです」

と今朝、彼に告白されました。

突然のことで、頭が真っ白になりましたが、すぐに冷静になって、「そうですか。次はどういった仕事をされるんですか」と、かずみは言いました。

2年間、一緒に働いた同僚に対して言うセリフじゃないですよね。かずみもそう思います。かずみは、薄情な人間なのかも知れません。でも、別にどうでも良かったんです。彼が辞めようがどうしようが。。。

彼は元々、仕事ができる人でもなかったし、人付き合いが上手なタイプでもありませんでした。どちらかというと、目立たない、大人しい人です。

正直にいうと、かずみは彼を好きにはなれませんでした。仕事を手伝ってあげてもお礼も言わないし、それどころかどんどん甘えてくる人です。嫌いにはならないまでも、絶対に好きにはならない人です。

でも、少しだけ寂しいんですよ。ほんの少しだけです。彼は、人と付き合うのが好きな人じゃないから、恐らく永遠に会うことはないからだと思います。

とにかく、無責任にも頑張って欲しいと思いました。何か偽善家ですね。

いつも投票ありがとうございます→banner_02

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »